• YASS profile

    This man,
    being unique
    close
    yass

    YASS
    (ヴォーカル・ギター・コーラス)


    1965.9.2生まれ。広島県広島市出身。
    LORANが誇るスーパーボーカリスト。学生時代から数々のコンテストでボーカリスト賞を総ナメにし、その活躍が財津和夫氏の目に止まりソロデビューの話が出るも、上京しLORANを結成。1990年、ロックバンド"LORAN"のヴォーカルとしてファンハウスよりデビュー。
    LORAN活動休止後はソロ活動を開始し、「歌の力を信じたい」として路上で歌い始め、赤坂ブリッツ、渋谷公会堂でのライブを路上での手売りのみで完売させ話題に。現在までその功績を称え、道筋を辿る若手のアーティストが後を絶たない。その後全国のストリートミュージシャンを集めて開催したイベントが話題になり、テレビ朝日系列全国ネット番組「ストリートファイターズ」を立ち上げ、ナビゲートを務めるなど多方面で活躍。
    イラク戦争がきっかけとなったピースパフォーマンス「愛を歌おう」ではCDを無料配布し、FUJI ROCK FESTIVALにも出演するなどライフワークとして活動中。
    LORAN復活後も、ロックバンドのボーカリストとしてのみならず、ギター1本での弾き語りでも圧倒的な存在感を放つ。プロデュース業にも力をいれ、「サスケ」や「ぶんやともあき」などを世に送り出す。

    YASSは一人のアーティストとしてだけの域を大きく越えた、
    まさに"ONE & ONLY"な存在である。

     
  • LORAN

    1990~'95,
    2006~NOW
    close
    loran

    【LORAN】
    1990年〜95年、2006〜現在


     1990年 ロックバンド「LORAN」のボーカルとしてシングル「相棒」でデビュー。アルバム「BODY BLOW」をリリースし、卓越したボーカルと圧倒的な演奏力で音楽シーンに衝撃を与える。
    90年「BODY BLOW」91年「LOVE&HATE」92年「あふれる想い」93年「憧れの彼方」94年「PASSAGE」95年「MOTHER」と6枚のアルバムを発表。ヴィクトリアのスキーキャンペーンのCMソングに選ばれた「明日が輝く場所へ」や、献血キャンペーンソング「もう一度伝えたい」等のヒット曲を含むシングル12枚をリリース。年間200本近いライブツアーをこなし、ライブバンドとしての地位を確立。一般ユーザー、オーディエンスのみならず、アーティストからも強い指示を受け、今も業界内にシンパは多い。
     1991年にはオーストラリアへ進出。地元ライブハウスの出演を経て、シドニータウンホールでのライブを成功させる。一般ユーザー、オーディエンスのみならず、アーティストからも強い指示を受け、今も業界内にシンパは多い。「もう一度伝えたい」「明日が輝く場所へ」「見上げてごらん夜の星を」をスマッシュヒットさせる。
     1995年、5thアルバム「MOTHER」のリリース。その後全曲YASS作詞作曲の3曲入りシングル「夕暮れの二人」をリリースし同年6月、LORANは惜しまれつつ活動休止する。

     2005年12月に結成15周年を記念したワンマンライブの成功をきっかけに、2006年、12年振りのアルバム「THE LORAN」をリリースし、LORAN本格再始動。2007年5月には広島フラワーフェスティバルにて故郷広島凱旋LIVE。15年振りのステージは奇しくも以前と同じさくらステージ。完全復活を宣言。翌日のワンマンライブも大好評を博し、復活の模様は地元の新聞でも大きく伝えられた。
     2010年、デビュー20周年を迎え、フルアルバムとしては16年振りとなる待望のフルアルバムをリリース。渋谷BOXXなどワンマンライブなどを精力的に行い、大人の魅力を湛えた成熟したバンドサウンドの追求を続ける。
     2015年3月、25周年を迎え、25周年企画としてシングル「相棒」「WOMAN POWER」「悪魔のG7」をiTunesより3ヶ月連続でリリース。12月には映画「浮気なストリッパー」の主題歌を書き下ろし、担当した。
    2016年4月よりマンスリーで20年ぶりのツアーを敢行。


     
  • 財津和夫ツアサポ

    1995~2000
    close

    【財津和夫ツアーサポート】
    1995年〜2000年


    デビュー前からの応援者であり、恩人である財津和夫氏本人からの誘いで、そのコンサートツアーにコーラス&ギターで参加。95年の全国ツアー「愛はちっとも難しくない」を皮切りに計4ツアーをサポートした。チューリップのナンバーでは本家姫野氏のボーカルパートを担う等存在感を現した。99年のツアー「Private Moon」では、コーラス&パーカッションにもチャレンジ。ギター、ピアノ、パーカッション+歌というアコースティック編成で好評を博した。


     
  • SOLO

    1996~NOW
    close
    solo

    【YASSソロ活動】
    1996年〜現在


    ソロ活動の場所として路上を選び歌い始める。

    「唄の力だけで何ができるか試したかった」とYASSは言う。
    渋谷ハチ公前を中心に新宿、大宮、横浜…etcでストリートライブを決行。そして、先に赤坂BLITZを押さえ、手売りのみでチケットを売るという無謀な行動に出る。雨の日も風の日も路上ライブは続いた。新しいファンやリピーターは増え続け、いつしか渋谷ハチ公前広場にチケットを求める長蛇の列が出来るようになった。
    「日本一の無謀男」と題したこのライブのチケットは完売し、赤坂BLITZワンマンライブは大盛況で終わった。伝説の始まりである。
    渋谷公会堂ワンマンライブを、赤坂BLITZと同じくストリートライブのみで2000枚のチケットを売り切り、感動のライブは大成功に終わった。本来、歌が持つ“人の心を動かす力”を路上で証明してみせたYASSは「ストリートのカリスマ」になった。


     
  • YHFJ

    2000~2001
    close
    yhfj

    【YOYOGI HARD FOLK JAMBOREE】
    2000年〜2001年


    全国のストリートミュージシャンが一同に介するイベント「YOYOGI HARD-FOLK JAMBOREE」をプロデュースし、そのVol.1が開催される。
    代々木野外音楽堂をメインステージ、その他代々木公園内に3つのサブステージが設けられ、ストリートアーティストの解放区とした。各メディア(トゥナイト2、news23…etc)が特集を組み話題に。400組ものアーティストが参加したこのイベントは2001年夏までのVol.4まで開催された。
    沢山のストリートミュージシャンがコラボレートしたテーマ曲「ワンダーマンに告ぐ」「僕たちの空」が、YASS詞曲プロデュースで制作、発表された。


     
  • 「19」

    2000/2/12
    TBS
    close

    【ドラマ「19〜ナインティーン」音楽監督、主題歌担当】
    2000年2月12日 TBS系全国ネット放送


    浜田省吾の自伝を元に制作されたテレビドラマ。
    音楽監督としてサウンドトラックを全て担当し、主題歌「路上の詩」を書き下ろした。
    監督は小松荘一良、主演に徳山秀典、そして相島一之、白竜、新藤恵美、三田寛子といった実力者俳優が脇を固めた。1971年の広島フォーク村を舞台にその当時の空気感、情熱を見事に再現したこの作品は高い評価を得る。ダマ映画祭でリバイバル上映され、再び話題を呼んだ。
    YASSが歌った主題歌「路上の詩」は多くのストリートミュージシャンがカヴァーするなど名曲として知れ渡っている。



     
  • THE STREET FIGHTERS

    2002~2012
    tv ASAHI
    close
    tsf

    【THE STREET FIGHTERS】
    2002年1月7日〜2012年 テレビ朝日系列全国ネット


    02年1月からスタートした音楽情報番組「THE STREET FIGHTERS」は、テレビ朝日系全国24局放送でON AIR。YASSはナビゲーター役で番組に出演しながら、音楽プロデューサーとして発掘、育成にも携わり、イベントなどで全国を飛び回った。
    2002年から2007年にかけて、北は札幌から南は沖縄石垣島まで、 THE STREET FIGHTERSの番組イベントを行い、沢山のジャンルを越えたアーティストが集まった。
     確実に「THE STREET FIGHTERS」が浸透していく中で、番組から飛び出した沖縄のストリートバンド「HY」が大ブレイク。 ミリオンセラーとなる。続いて大宮のストリートから「サスケ」の“青いベンチ”も大ヒット。新しいアーティストが次々とこの番組から育っていった。
    YASSの「同じ空の下の仲間たち…」というメッセージが共感と共にストリートのネットワーク化を生み、大きなムーヴメントとなる。
    日本のMUSIC SCENE、COUNTER CULTURE SCENEを先取るには欠かせない番組として存在感を見せた。
     2007年からは、若いアーティスト・ミュージシャンを育てるため 平成生まれの音楽甲子園『Hジェネ祭り』を4度開催。ここからSRS(トイズファクトリー),小林太郎(キングレコード),大知正紘(ウーロン社),日食なつこ(LD&K)など、多くの才能あるアーティストがメジャーデビューを果たした。
    深夜の音楽番組としては前人未到の10年間、放送500回を超える長寿番組となった。



     
  • 歌族会議

    2005/5/6~
    close
    歌族

    【歌族会議】
    2005年5月6日〜


    02年1月からスタートした音楽情報番組「THE STREET FIGHTERS」は、テレビ朝日系全国24局放送でON AIR。YASSはナビゲーター役で番組に出演しながら、音楽プロデューサーとして発掘、育成にも携わり、イベントなどで全国を飛び回った。
    2002年から2007年にかけて、北は札幌から南は沖縄石垣島まで、 THE STREET FIGHTERSの番組イベントを行い、沢山のジャンルを越えたアーティストが集まった。
     確実に「THE STREET FIGHTERS」が浸透していく中で、番組から飛び出した沖縄のストリートバンド「HY」が大ブレイク。 ミリオンセラーとなる。続いて大宮のストリートから「サスケ」の“青いベンチ”も大ヒット。新しいアーティストが次々とこの番組から育っていった。
    YASSの「同じ空の下の仲間たち…」というメッセージが共感と共にストリートのネットワーク化を生み、大きなムーヴメントとなる。
    日本のMUSIC SCENE、COUNTER CULTURE SCENEを先取るには欠かせない番組として存在感を見せた。
     2007年からは、若いアーティスト・ミュージシャンを育てるため 平成生まれの音楽甲子園『Hジェネ祭り』を4度開催。ここからSRS(トイズファクトリー),小林太郎(キングレコード),大知正紘(ウーロン社),日食なつこ(LD&K)など、多くの才能あるアーティストがメジャーデビューを果たした。
    深夜の音楽番組としては前人未到の10年間、放送500回を超える長寿番組となった。



     
  • 相島一之&THE BLUES JUMPERS

    2010/3~
    close
    bj

    【相島一之&THE BLUES JUMPERS】
    2010年3月〜


    ドラマ「19」で共演以来交友を温めてきた俳優の相島一之のブルース好きが高じて二人で曲作りを始める。
    相島一之が作詞、歌、ベースに元レプリカのYAN-G、ドラムスに桑田佳祐などのサポートで活躍する高橋結子を迎え、YASSはバンドマスターとして作曲、ギター&コーラスを担当するブルースバンド「相島一之&THE BLUES JUMPERS」を結成。ワンマンLIVEを重ね、2011年7月31日、初のフルアルバム「A POCKET FULL OF BLUES ポケットいっぱいのブルース」をリリースし、同日レコ初となるワンマンLIVE「ブルースはお好き? VOL.4」にて発売。
    2012年7月には落語と音楽の融合「『赤坂寄席』~本日、ふたりで“R&B”~」に立川志らくと共演する。2012年夏に下北沢440で行われた6回目のワンマンLIVEではゲストに陣内孝則を迎え、好評を博した。
    お茶目でユーモラス、カッコ良くてちょっと情けない、笑えて泣けるライブが持ち味の最強のブルースバンド。



     
  • 愛を歌おう

    peace performance
    2003/3~
    close
    愛歌

    【愛を歌おう〜peace performance】
    2003年3月〜


    YASS 個人としての呼びかけで始まったピースパフォーマンスです。
    「みんながそれぞれの大切な人を想い浮かべながら、一緒に歌おう」というもの。
    ストリートミュージシャンを中心に、沢山のアーティストが渋谷ハチ公前広場に集結しました。
    「愛を歌おう」はとてもシンプルな曲で、大人から子供まで口ずさめます。そこには最近の反戦デモにも多い、フセイン、ブッシュ、石油と言ったキーワードは一切出てきません。
    歌っている間だけは、同じように愛を感じ、人が生きて行く上でもっとも核になるモノは、愛だと言う事を再確認して欲しいというメッセージです。そしてそれは、戦争や紛争に限らずイジメ、自殺、拉致問題など、現代社会が抱える全ての不条理な出来事へのメッセージでもあるのです。
    「愛を歌おう」は4分半の曲です。きっとその4分半の間だけはとても穏やかな“心の平和”が存在すると信じます。そしてそこから何かを考え、少しずつ変わって行く事を期待しています。
    愛された記憶、実感があるから人は生きて行けます。何が真実なのか分からない、そんな時代だからこそ人は人の核となる愛に立ち返るべきだと思うのです。
    「愛を歌おう」はレコーディングを終え、作品として完成しました。ポールマッカートニーやデビットボウイなどが、戦後復興支援の為のチャリティーCD を発売したそうですが、今のところ「愛を歌おう」は商品化もチャリティーも考えていません。
    これは「幸せの手紙」として「大切な人に数枚必ず複製、ダビングをして渡して欲しい」とメッセージを添え、無料配付します。ピュアな力が後押しして、この曲が広まって行く事を期待しています。ストリートシーンから生まれた平和のうたが、スタンダードなナンバーになる事を願っています。英語詞などによるバージョンも制作予定です。
    僕たちはイメージします。世界中の人が笑顔で歌ってる姿を。
    悲しい過去、ジェラシー、コンプレックス、優越感、全て消し去って歌う姿を。
    国籍、宗教、思想、肌の色、全て超えて歌う姿を。
    愛を招き入れよう、一人一人の心の中に。


     
  • THE CRICKETS

    2016~
    close
    CRICKETS

    【THE CRICKETS】
    2016年8月31日〜


    THE CRICKETS are...
     Vo. AG.cho. YASS
     pf.cho. 丹野義昭
     syn.cho. 伊藤心太郎
     EG.cho. 杉原ひろし
      EG.cho.飯室博
     EB.cho. 松本慎二
     Dr.cho. 阿久井喜一郎

    財津和夫さんのツアーサポートメンバーが集結し、TULIPのカヴァーバンドを結成!
    2016年8月31日に初ライブを行い、定期的に活動していくことを発表した。